高校を卒業した後は、どこにも進学したりせずにフリーター生活をしていました。
実家で両親と一緒に暮らしながらでしたので、少ないお給料でも十分だったんです。
しかし友達も皆やってるし、ちょっとした憧れもあったので親元を離れて1人暮らしをする事にしました。

最初は節約しつつ何とか生活を保っていたんですが、ある夜仕事帰りにホストから声をかけられたんです。
所謂呼び込みですが、これまた「そういえばホストに通ってる友達がいたなぁ」とちょっと羨ましく思っていて、軽い気持ちでついて行ってしまいました。
そして帰り際にほぼ強引に次の来店を約束させられ、断れずにズルズルとその後も何度か通ってしまいました。
最初は約束「させられた」だったのがチヤホヤされるのが嬉しくて、自分から行くようになりました。

困ったのが、ホストにばかりお金を使うせいでまともに生活が出来ない事です。
10数万のお給料しかないのに1度のホストクラブで5万6万と使うので、貯金もどんどん無くなって家賃も光熱費も払えなくなりました。※家賃が払えないから借金をする
それでもプレゼントだってしたいしもっと通いたいと思ってしまい、とうとう消費者金融からお金を借りるようになってしまったんです。
消費者金融自体はクリーンな会社でしたし途中からお金の為に仕事を増やしお給料も倍になりましたが、私がホストにばかり使ってしまうせいで、返しても返しても終わりが見えませんでした。

数年経ってやっと全額800万返し終えて、その頃になったら何でホスト通いなんてしていたんだろうと、ホストに一切興味を持たなくなりました。
結果的には良かったのですが、本当に無駄遣いをしてしまったなと只々自分に呆れるばかりです。
これからは借金なんて一切しない、しっかりした人間になろうと思います。

こんなに借金をして無駄なお金を使っていたことは口が裂けても誰にも言えないですね・・・恥さらしなもんです”(-“”-)”

馬鹿だなって思いながらもその時はものすごい優越感に浸っていたんだと思いますね(*_*)

 

銀行グループの金融業者のカードローンは消費者金融系列のローン会社と比較して、発生する金利がはるかに低く、限度額も高くなっています。とはいえ、審査時間や即日融資の件については、消費者金融の方がはるかに早くなっています、
もっと低金利のところへの借り換えローンで、一層金利を低くするのも悪くない方法です。但し、一番はじめに最も低金利の設定になっている消費者金融を探して、融資をしてもらうことが最適な方法であることははっきりしています。
自分に合いそうな消費者金融を探し出すことができたら、十分に様々な口コミも見ておきましょう。理想的な金利でも、いい点はそれだけで、他は全く良くないなんて会社は全く値打ちがありませんからね。
口コミサイトを注意してみると、審査におけるデータを口コミという形で明示している場合がたまにありますので、消費者金融で受ける審査の詳細に興味を持っている人は、確認しておくことをお勧めします。
金利が高いに決まってる、との一人歩きしたイメージを捨てて、色々な消費者金融の比較をしてみることで色々と見えてくることもあります。審査結果と融資商品の内容によっては、期待以上の低金利になって借り換えできるケースだってあると聞きます。
「あと少しで給料日!」との方にとって大助かりの小口の貸し付けでは、金利がゼロ円で融資を受けられる可能性がかなり高いので、無利息期間つきの消費者金融を有効に使いましょう。
小規模タイプの消費者金融会社の場合は、少しぐらいは貸し付けの審査基準が緩いのですが、総量規制の適用範囲となるので、年収等の3分の1を上回る借入残高が確認されると、それ以上の借金は禁止ということになるのです。
自前の調査で、人気が高く融資の審査に容易に受かる、消費者金融業者を一覧にまとめた表を作りましたのでフルに活用してください。意を決して申し込んだとしても、審査に合格しなかったら徒労に終わってしまいますから。
消費者金融においての金利は、ローン・キャッシングが有する性能そのものと言っても過言ではなく、最近では利用する側は比較サイトを活用して、注意深く低金利のキャッシング会社を比較し選定することが普通になっています。

 

任意整理などによりブラックになった方で、審査の緩い消費者金融業者を必要としているなら、中堅の消費者金融業者に借入の申請をしてみる事も手段の一つとして挙げられます。消費者金融の一覧表に掲載されています。
銀行系列のローン会社は審査が厳しいと言われており、優良な顧客だけを選んで貸し出しを行います。それとは反対に審査が甘めの消費者金融業者は、いくらかリスキーな場合でも、貸し付けてくれます。ですから個人事業をしている方で借り入れがしにくいと思われている方でも借入をすることができます。参照:http://xn--nbke909tejayh75eder2i370g.com/
現実に利用してみたところ意外な出来事に遭遇した、というような面白い口コミも時々あります。消費者金融会社関連の口コミを公開しているページが探せばたくさんあるので、ぜひ見ておくといいと断言します。
何と言っても肝心なことは、消費者金融に関わるたくさんのデータを比較してよく検討し、完全に返済するまでの予測を立てて、返済できる程度の額における慎重な借り入れを行うことではないでしょうか。
 

不動産管理会社で8年間経理部に所属し、現在は統括部門にて経営企画の仕事をしています。

経理で主にやっていた仕事は、テナントやオーナーへの請求書発行・管理組合代行業務・入金確認業務・入金遅延債権の管理・資産負債科目の照合・消費税照合等でした。年次が上がるごとに任される仕事量、他のグループ会社の経理部門を引き継ぐことになり、最終的に手持ちしていた会社が14社になっていました。

また、会社内の組織再編やシステム構築へも関わることが増え、月平均50時間。多いときは100時間近い残業をしていました。もちろん、残業している時間分の残業代はいただいていたので、手取りで24~30万程でした。

そんな生活を5年続け、今回結婚したことがきっかけなのか、異動発令があり統括部門への異動となりました。経理所属の時は、平日自分の時間はほぼありませんでしたが、その分給料日には満足のいく金額をいただいていたので不満は特にありませんでした。現在は残業時間が多くて月25時間ほど。給料にすると、経理所属時の少ない時から5万以上減ってしまいました。結婚したことにより、世帯収入としては多くなるものの家計での出費が痛く、今現在の給料のままでは、正直きついなぁと思っています。結婚をする前から、主人が学生の時に借りたお金(学費ローン)の支払いがまだ残っていることは分かっていましたし、生活費の計算をしてもこのままならそこまで生活が苦しくなることはないだろうという計算になっていました。が、部署移動をしたことによって減った給料分がやはり生活にも影響してしまっています。この借金さえなければ・・・と何度も思いましたが、遊びで作った借金ではないのでそこまで主人のことを責めることもできませんし、だからと言って離婚をするとかそういったことではないので何とか節約をしながら頑張っています。転職も何度か考えたものの、今の自分のスキルでは需要がほぼ無いこと。年齢的なものもあり、妊娠・出産が可能性としてあることから、再就職は厳しいだろうと思い、転職には踏み切れていません。

一旦は、今までの貯金や生活水準を下げることでどうにか生活していっていますが、子供が出来てしまった時のことを考えると、今の時間のあるタイミングで勉強をして、資格を取り、将来の転職を見据えた行動が大事なのだろうと思っています。

 

 

最近、二番目の子どもを出産しました。
赤ちゃんに出産時に少し異常があり、産院から大きな大学病院に移りました。

産後の不安定な気持ちからか、お見舞いに行くと赤ちゃんを見るだけで涙が止まらなくなりました。
そんな私をみて、大丈夫ですよ、と優しく声をかけてくれたのが、看護師さんでした。

どちらかというと、先生方は忙しそうで、事務的なお話ししかできませんでしたが、看護師さんは赤ちゃんに話しかけながら、優しく処置をしてくださいました。

小児のICUだったため、本当に小さな赤ちゃんがいつもベッドいっぱいに運ばれてきていました。
新生児だから、目が離せないし、ケアも丁寧にしなければいけないようで、とても大変そうでした。

私は三十代ですが、ずっと若い看護師さん達が、走り回ってお仕事をしている姿はとても印象的でした。

たまたまゴールデンウィークだったのですが、あまり皆さんお休みもとられていないようでした。
患者や家族側からすれば、安心して看ていただけますが、若い方がお休みなく働いている姿をみると、やはり大変な職場なんだなと思いました。

結果的に、子どもも検査をして、無事に退院できたため、先生方や看護師さんに御礼をいって帰りましたが、私達のあとにもすぐ赤ちゃんが連れてこられていたので、本当に休む暇もないのだろうと思いました。

命と隣り合わせの毎日で、お休みもままならない状態かと思いますが、ケアしていただいた家族としては、本当に御世話になり感謝の気持ちです。